ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは




酸を使用して古くなった皮膚の角質を除去し、

ツルツルのお肌を再生することを「ケミカルピーリング」といいます。


使用する酸は、フルーツ酸(グリコール酸)や、植物の酸(サリチル酸)です。

このような酸を肌に使用してたまってしまった古い角質層を除去することで、新陳代謝が促進されます。

ケミカルピーリングによってニキビやシミの治療はできませんが、

新陳代謝が促進されることによって、肌が元気になり、きめ細かなハリのある肌へと導かれます。

また、ピーリングをすることによって効果的に皮膚を活性化させ、

ですが、ケミカルピーリングは、

角質や表皮を剥がすということをしますから、肌に負担がかかることでもあります。

皮膚が持っている本来の機能であるバリア機能や、水分保持機能が低下しますので、

ピーリングを行う前の治療、そして行った後のケアも重要です。


エステで行われているケミカルピーリングは、

医療機関で行われているピーリングに比べるとかなり濃度の低い酸を使用しています。

ですが、エステのピーリングによって大きなトラブルになっているケースも多いですし、

すべての人の肌がいつも同じ状態であるとは限りません。

人それぞれによって、また、同じ人であってもその時々の肌状態によって

肌は大きすぎるダメージを負うこともあります。


最初から医療機関でケミカルピーリングを受けると安心ですね。

医療機関では、濃度の濃い酸を使うことが可能なので、効果も大きく期待できます。

また、万が一の肌トラブルの時にもすぐ専門的知識によって対処することができます。

信頼できる医療機関でのケミカルピーリングをおススメします。